コムルのロゴマーク認定NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

講座・セミナー

講座・セミナー

一般の方向けの講座・セミナーを開催しています。お申込みについては、下記の各講座の詳細をご確認ください。医療者向けの講座・セミナーは、医療者向けページをご覧ください。

患者塾

第246回は終了しました

患者塾は、講義・講演形式をとらず、「賢い患者になりましょう」を合言葉におこなっているミニセミナーです。毎月テーマを定め、その実践者や体験者の話題提供のあと、8~10人ぐらいのグループに分かれてディスカッションをします。意見交換をして互いに知恵を出し合い、対話や気づき合い、歩み寄る関係づくりを目指す場です。また、思いを言語化する訓練の場としても位置づけています。一般公開で、どなたでも参加できます。

過去の患者塾については、患者塾ページをご覧ください。

医療をささえる市民養成講座

2022年度の参加者募集中

講座修了者には、アドバンスコースとして「医療関係会議の一般委員養成講座」をご案内する予定です。

患者と医療者が協働してよりよい医療をつくりあげていく時代。患者の視点や意見がいまほど必要とされているときはありません。市民が活躍できる活動も増えています。まずは医療の周辺事情を理解し、賢い患者になったうえで、医療をささえる担い手になりませんか?
5回の講座は連続参加はもちろん、関心のある講座だけを選択することもできます。より深く医療とかかわる一歩を踏み出しましょう!!

日曜コースA」「日曜コースB」「夏期コース」「日曜コースC」の4コースから選べます。夏期コースのみ対面とWebのハイブリッド開催、他はWeb開催です。コースをまたがって日にちを選ぶことも可能です。この機会に、是非ご参加ください。

内容
講座1 医療現場で活躍できる市民参加活動
  • 講座の目的
  • COMLの基本姿勢と活動紹介
  • ボランティアとしての心得
  • どんな活躍ができるのか
    (病院ボランティア、模擬患者、電話相談スタッフ、検討会や審議会の委員など)
講座2 医療の基本
  • 医療の変遷(制度、できごと、患者の権利の発展)
  • 医療機関や専門職の種類と役割
  • 医療現場の課題
  • 医療費の基本
講座3 医療相談の実際
  • COMLの相談対応の基本姿勢と実際
  • 相談から見える患者の意識の変遷
  • 相談対応に必要な情報と姿勢
  • 相談内容の紹介とディスカッション
講座4 医療を知るⅠ
  • 病院選びと賢い患者の心構え
  • セカンドオピニオン
  • 医療費の知識
講座5 医療を知るⅡ
  • 医療にまつわる社会的な知識
    (納得できないときの解決方法、個人情報保護法、成年後見制度、高額療養費制度、医療費控除)
  • 薬にまつわる情報
    (治験、ジェネリック、医薬分業、副作用被害など)
日程
日曜コースA *Web開催
  • 講座1:2022年4月10日(日)14:00〜17:00
  • 講座2:2022年4月24日(日)14:00〜17:00
  • 講座3:2022年5月8日(日)14:00〜17:00
  • 講座4:2022年5月22日(日)14:00〜17:00
  • 講座5:2022年6月5日(日)14:00〜17:00
日曜コースB *Web開催
  • 講座1:2022年7月3日(日)14:00〜17:00
  • 講座2:2022年7月17日(日)14:00〜17:00
  • 講座3:2022年7月31日(日)14:00〜17:00
  • 講座4:2022年8月21日(日)14:00〜17:00
  • 講座5:2022年9月4日(日)14:00〜17:00
夏期コース *対面とWebのハイブリッド開催
  • 講座1:2022年8月10日(水)14:00〜17:00
  • 講座2:2022年8月11日(木祝)14:00〜17:00
  • 講座3:2022年8月12日(金)14:00〜17:00
  • 講座4:2022年8月13日(土)14:00〜17:00
  • 講座5:2022年8月14日(日)14:00〜17:00
日曜コースC *Web開催
  • 講座1:2022年9月25日(日)14:00〜17:00
  • 講座2:2022年10月9日(日)14:00〜17:00
  • 講座3:2022年10月23日(日)14:00〜17:00
  • 講座4:2022年11月6日(日)14:00〜17:00
  • 講座5:2022年11月20日(日)14:00〜17:00
ところ
日曜コースA、日曜コースB、日曜コースC

Web開催

夏期コース

対面とWebのハイブリッド開催

対面開催会場については決定次第、申込者に連絡します。

定員 50名
参加費
  • 全5回講座参加:15,000円+1,000円(送料含むテキスト料)
  • 選択参加 講座1回分:3,500円+1,000円(送料含むテキスト料)
  • 選択参加 講座2回分:7,000円+1,000円(送料含むテキスト料)
  • 選択参加 講座3回分:10,500円+1,000円(送料含むテキスト料)
  • 選択参加 講座4回分:14,000円+1,000円(送料含むテキスト料)

*参加費は、初回ご参加いただくときにまとめてお支払いいただきます。

*参加費の返金はできませんのでご了承ください。

お申込みは下記の申込み用紙にご記入の上、FAX 03-3830-0646か郵送でお送りください。メール(coml@coml.gr.jp)でも受け付けます。

ダウンロードできない方はお電話でお問い合わせください。
TEL 03-3830-0655

医療関係会議の一般委員養成講座

2021年度は終了しました

本講座は基礎コース「医療をささえる市民養成講座」修了の方を対象としています。
ご参加ご希望の方は、最初に「医療をささえる市民養成講座」を受講してください!!

1990年代後半から行政や医療機関などにおける検討会・委員会に利用者である患者側の委員が構成メンバーに位置づけられるようになってきました。その傾向は年々高まり、厚生労働省や文部科学省などの検討会をはじめ、都道府県の医療にまつわる審議会・委員会、各種医療関係団体の役員やアドバイザリー委員、独立行政法人の外部評価委員などに拡がりつつあります。更に、治験や臨床研究の倫理審査委員会では、一般委員の出席が開催要件になり、特定機能病院の承認要件見直しによって医療安全の外部監査委員に「医療を受ける立場の者」の参加が明記され、今年度から始まっています。2015年から始まった地域医療構想策定ガイドラインにも「策定前に住民の声を聴く必要がある」とされ、各学会が作成する診療ガイドラインの作成にも一般の立場の参加が奨励されているところです。
そこで、まずは医療に関する基本的な知識、制度、課題を学んだ上で、冷静かつ客観的な意見を述べる人材の養成が必要と考え、医療関係の会議で一般委員を務める方の養成講座を企画しました。この講座は「医療をささえる市民養成講座」を基礎コースとして修了した人を対象に募集し、アドバンスコースと位置づけて開催致します。
アドバンスコース修了者で一定の要件を満たした方は一般委員候補者バンクに登録し、ブラッシュアップ研修の場を提供して更なる能力アップにつなげると同時に、モチベーションを維持できるような意見交換の場を定期的に設けていく予定です。もちろん、参加していただける検討会や委員会、倫理審査委員会などがございましたら、随時ご紹介もする予定です。

患者と医療者のコミュニケーション講座

終了しました

受診したとき、「言いたいことが確実にきちんと伝わった!」「聞きたいことが全部聞けた!」と満足できていますか? それとも、「言いたいことがうまく伝わっていない」「受けた説明がよくわからなかった」と思われたことがありますか?
医療は自分のからだやいのちにかかわる大切な問題。患者も医療者もコミュニケーション能力を高めて、少しでもうまくコミュニケーションを取りたいものです。そこでこの講座では、ゲームやロールプレイを通して日ごろは意識していないコミュニケーションの癖を見つけたり、明確な伝え方や有効な質問の仕方を探るためにディスカッションをおこなったりします。
どんなコミュニケーションをとれば、患者と医療者がよりよい関係をつくることができるのか、楽しみながらご一緒に考えていきましょう!

ページの先頭に戻る