講座・セミナー

医療者向けの講座・セミナーは、医療者向けページをご覧ください。

患者塾

患者塾は、講義・講演形式をとらず、「賢い患者になりましょう」を合言葉におこなっているミニセミナーです。毎月テーマを定め、その実践者や体験者の話題提供のあと、8~10人ぐらいのグループに分かれてディスカッションをします。意見交換をして互いに知恵を出し合い、対話や気づき合い、歩み寄る関係づくりを目指す場です。また、思いを言語化する訓練の場としても位置づけています。一般公開で、どなたでも参加できます。

第221回患者塾
「かかりつけ薬剤師」って何? 薬剤師・薬局とのつき合い方

 医薬分業が進むなか、薬局や薬剤師の役割が大きく変わりつつあります。4月の診療報酬改定で、「かかりつけ薬剤師」を誘導するしくみが入りました。「かかりつけ医」は耳にしますが、かかりつけ薬剤師とはどのような役割をもち、私たちはどのようにつきあっていけばいいのでしょうか。今回の患者塾では、薬局や薬剤師をとりまく制度を検討する委員会に患者の立場からかかわってきたCOML理事長の山口育子が、賢い薬剤師とのつき合い方、薬局の利用の仕方について話題提供します。

とき
2016年6月4日(土) 15:00〜17:30
(初参加の方はオリエンテーションを行いますので14:30にお越しください)
*開催時刻がこれまでとは違いますのでご注意ください。
ところ
COML事務所(西天満パークビル4号館5階)
   ・大阪市営地下鉄 谷町線「南森町」駅より徒歩約8分
   ・JR 東西線「大阪天満宮」駅より徒歩約10分
   ・京阪 中之島線「なにわ橋」駅より徒歩約10分
話題提供
山口 育子(COML理事長)
参加費
800円
要予約
先着20名
電話・FAX・メール(coml@coml.gr.jp)のいずれかでお申込みください。

過去の患者塾テーマについては、患者塾ページをご覧ください。

このページの先頭に戻ります

医療で活躍するボランティア養成講座

2015年度は終了いたしました。

患者と医療者が協働してよりよい医療をつくりあげていく時代。患者の視点や意見がいまほど必要とされているときはありません。ボランティアといっても、活躍する場はさまざま。まずは医療の周辺を理解し、賢い患者になったうえで、あなたが参加できるボランティア活動を探してみませんか?
5回の講座は連続参加はもちろん、関心のある講座だけを選択することもできます。より深く医療とかかわるボランティアへの一歩を踏み出しましょう!!

このページの先頭に戻ります

患者と医療者のコミュニケーション講座

今年度は諸般の事情により休講いたします。
ご関心がおありの方は、2016年度にご参加くださいませ。
開催スケジュールは後日、お知らせいたします。

受診したときに「私の言いたいことが確実にきちんと伝わった!」「聞きたいことが全部聞けた!」と満足できていますか? それとも「言いたいことがうまく伝わっていない」「受けた説明がよくわからない」と不満が残りますか?

医療は自分のからだやいのちにかかわる大切な問題。少しでも医療者とうまくコミュニケーションを取りたいものです。そこでCOMLでは、私たち患者自身のコミュニケーション能力を高めようと、この講座を開催しています。

ゲームやロールプレイを通して、日ごろは意識していないコミュニケーションの癖を見つけたり、正確な情報の伝え方を考えたり、明確な伝え方や有効な質問の仕方についてディスカッションもおこないます。

どうすれば医療者とのよりよい関係をつくることができるのか、楽しみながらご一緒に考えていきましょう! 医療者のみなさんのご参加もお待ちしております。

定期講座以外にも患者会や研修会などへ土日祝日の出前講座もおこなっています。お気軽にCOMLまでお問い合わせください。

<基礎講座>

1回完結型の講座です。

<ステップアップ講座>

年に1度開催している、3回にわたる連続講座です。
より具体的に、幅広く、コミュニケーションを深めます。